シンプルマッピング最強ノート術


時間のない方はとりあえず「お気に入り」へ!→


シンプルマッピングなら仕事と勉強が10倍できる!

本書のタイトルにも含まれているシンプルマッピングという言葉

もしかしたら、あなたは初めて目にする言葉かもしれません。
しかし、初めて目にする言葉にも関わらず、あなたはこのページにアクセスされました。

本のデザイン、サブタイトルやキャッチコピー、他の要因でクリックされたのかもしれません。
けれども、あなたは「シンプルマッピング」という言葉の持つ力に、
なんとなく引きつけられるものがあったのではないでしょうか。

「シンプル」+「マッピング」、この二つの言葉には、なんとも魅力的な響きがあります。

先行き不透明な状況、そして情報の波にのまれて溺れそうな人がたくさん存在している中で、
もはや情報を持っているだけでは、何の意味も持たなくなってきています。

さびている刃を持っていても生き残れません。

「7つの習慣」ではありませんが「刃を研ぐ」こと、
つまり、情報も使える形でインプットできていなければ話にならないのです。

アウトプットを前提にインプットする。これがシンプルマッピングの真骨頂です。

シンプルだからこそ可能な話だし、マッピングを活用するからこそ、
思わぬアイデアも相乗効果で生まれてくるのです。


この本ではわたしが普段実践している知的生産ノート術「シンプルマッピング」の活用方法を
背景にある考え方とともに公開しています。
シンプルマッピングを学ぶ上での教科書になるようにしっかりと作った一冊です。

シンプルマッピングは「いいとこ取り」のノート術です。
だからあなたも全部を取り入れなくても全然構いません。
ご自分の気に入ったところだけを参考にしてください。
2つ3つ、シンプルマッピング思考のエッセンスを取り入れるだけでも
書籍購入代金は十二分にペイするはずです。


本書を活用して、あなたのノート術に素晴らしい変化起きることを期待しています。

松宮義仁




この本の内容

序章
成果を上げたいなら、「完璧主義」を捨てよう!

○1冊の本との出会いがはじまりでした
○ふくらむパーソナル・データベースの夢
○モバイルマシンを第2の脳にすべく数百万円を投資
○夢を阻む「小さな壁」を打ちこわす発想
○「継続できなければ意味がない」----------たどり着いた100円のノート

第1章
成果を上げ続けるシンプルなノート術「7つの秘密」

○マインドマップから発展したシンプル・マッピング

 1.簡単----「できるだけシンプルに」がシンプル・マッピングの極意
 2.気軽----コンビニで買えて、いつでもどこでもできる
 3.携帯性----すぐにはじめられるのでチャンスを逃さない
 4.見開きサイズ----「集中」と「使い分け」で確実に成果を出す
 5.フォーカス----重要な項目を見つけ「もれなく、だぶりなく」思考をまとめる
 6.スピード----成果を上げる行動につながる速さが重要
 7.マッピング----放射状に書くことで入れ替え、追加もスムーズに

第2章
シンプル・マッピングを書いてみよう

シンプル・マッピングを書いてみよう

○とりあえず「1つ目」を書くことで脳が動き出す
○連想で出てきたことをすべてマップに詰め込む必要はない
○スピード重視のシンプル・マッピングは「見た目」にこだわらない
○「とにかく書く」ことで「作業興奮」状態をつくり出す
○書き直すたびに思考はまとまり、新たな「発想・アイデア」を導く

第3章
シンプル・マッピングで情報を整理する

○成果を上げるにはインプット(練習)が必要!
○「練習」と「試合」----自分にないものは出てこない
○シンプル・マッピングで情報を整理しながらインプットする
○「アタマのなかを書き出す」ことで情報が整理される
○「20対80の法則」で本質をつかめ!
○シンプルなノートだからこそ覚えられる
○全体を描きながら最低限の情報をインプットする
○スキマ時間でもインプットできる
○ビジネスユース向きのアイテム

第4章
「考える、考える、考える」ためのシンプル・マッピング

○「考えること」を楽しみながらできるシンプル・マッピングの不思議
○いつでもどこでも「脳の集中モード」をつくり出す
○2つの思考のパターンを操る
○小さなアイデアを膨らます「連想型マッピング」
○大きなアイデアを細分化する「分解型マッピング」
○シンプル・マッピングで「地頭力」を鍛える
○何度も書き直すこと----それが成功への近道
○線(枝)を伸ばすことで脳に質問を投げかける

第5章
シンプル・マッピング流「時間管理術」

○マップを書き終わったときが「行動=アウトプット」のスタート
○シンプル・マッピングは最短ルートを示すカーナビとなる
○目指す結果や目標を「見える化」する
○「現状」「ギャップ」「ゴール」「行動計画」を1枚のマップにする
○さまざまな視点から「ギャップ」を埋めるアイデアを生み出す
○「問題解決」と「時間管理」で軸のぶれない行動計画が生まれる
○カーナビを見直せばいつでも軌道修正ができる
○3か月単位で結果を出していく
○重要だが緊急でないこともマッピングする

第6章
シンプル・マッピングをデジタル化して知的生産システムを完成させる

○発展的な「再利用」のためのデジタル保存
○パソコンソフトでシンプル・マッピングを画像として保存する
○「なんでもテンプレート化すればいい」というわけではない
○iPhoneと連動して"最強"の知的生産システムをつくる
○マップを画像として保存すれば知的データベースとなる
○音楽フォルダを利用して自分だけのオーディオブックをつくる
○動画でいつでもどこでもプレゼンテーション

発刊キャンペーンを行います

シンプルマッピングの極意を公開!いつでもどこでも「脳の集中モード」を高めるシンプル・マッピング最強ノート術


「いつでもどこでも「脳の集中モード」を高める シンプル・マッピング最強ノート術」
こちらの発刊を記念致しまして、特別キャンペーンを行ないます。

購入先は、お近くの書店、インターネット書店など問いません。
(ただし、アマゾンマーケットプレイスを含む中古品は除く)


期間中にご購入された方には、以下の5大特典をプレゼント致します。
貴重な特典ばかりですので、ぜひこの機会に手に入れてください。

特典1 シンプルマッピングコーチング

雨宮さんマイケル・ボルダック認定プロコーチであり、
シンプルマッピングの認定トレーナーでもある雨宮さんによる
音声ファイル&レジュメマップです。

シンプルマッピングとコーチングのコラボレーションによる可能性を
存分に感じて下さい!

雨宮さんのブログはこちら
http://ameblo.jp/simplemap/

特典2 超朝活で人生を変えるシンプルマッピング

瀧本さん朝2時起きのサラリーマン兼セミナー講師として活躍している
瀧本トレーナーによる講義音声&レジュメマップです。

超朝活男の秘密を探って下さい!

瀧本さんのブログはこちら
http://ameblo.jp/simple-mapping/

特典3 子育てママでも自己実現する方法

北澤さん2児の母であり、在宅SE、書道の師範代、シンプルマッピング認定トレーナーとしても活躍している北澤まゆみさんの初セミナー時の音声ファイルです。

シンプルマッピングで進化をし続ける彼女の姿をご覧ください!


北澤さんのブログはこちら
http://ameblo.jp/angelacafe/

特典4 シンプルマッピング・サイクル

シンプルマッピングサイクルシンプルマッピングはさらに進化を続けています!
進化の模様を語ったセミナーの音声ファイルをお聞き下さい。

シンプルマッピング・サイクルでさらに成長を加速させましょう!

特典5 先着500名限定!
人気教材!NLP超入門講座より 
〜第1章「NLPとは」〜

特典5解説動画当社の最新有料教材「NLP超入門講座」より第一章「NLPとは」をプレゼント致します。

シンプルマッピングとNLPの関係が明らかになると思います。
先着500名様限定の特典です。



キャンペーン参加方法

アマゾンキャンペーン参加方法1

期間中に、書店店頭(全国どこでも可)もしくはインターネット書店(アマゾン他)にて、
松宮義仁著「シンプル・マッピング最強ノート術」を1冊以上ご購入ください。
(ただし、アマゾンマーケットプレイスを含む中古品は除く)


アマゾンで松宮義仁の本を買う

アマゾンキャンペーン参加方法2

下記ボタンをクリックし、表示された申込みフォームに必要事項をご記入の上、
送信してください。


※アマゾンでのご購入の場合
アマゾン注文番号確認方法

発刊記念キャンペーンお申込み

完了

お疲れ様でした!
後日、こちらで確認の上、特典のダウンロード先を記載したメールをお送り致します。



※注 本キャンペーンは、著者本人が行うキャンペーンです。
ご購入先書店へのお問い合わせはお控え下さい。

また、特典はサイト上で公開するものであり、CDなどでお送りするものではございません。
よろしくご確認くださいませ。

>弊社問い合わせ先とプライバシーポリシー

シンプルマッピング体験者の声

「シンプルマッピング」のセミナーを体験した方の声です。

ありとあらゆるものに応用可能です。


シンプルマッピング・・・はじめは、単なるノート術で、これを日々の仕事の中で活かせるかも。
また、ネットビジネスにも活用が出来るかも・・・程度でした。

しかし、学び、使っていくうちにその最大の間違いに気が付きました。
これは本当にとんでもないものです。

書けば書くほど、研ぎ澄まされ、単純にノートのまとめ方が
「上手くなる」なんていうレベルのものではありません
思考が磨かれ、日々スキルアップも出来ます。
また、時間の効率化という意味でも非常に有効に役立ってくれます。
1日の行動予定から、プロジェクトの企画書のベースまで。

ありとあらゆるものに応用可能。
シンプルマッピングを身に付ければ、本当に人生が変わる可能性がありますね。

Y様 31才 会社員:広告プロデューサー

実は「マインドマップ」が、自分のものになっていませんでした。


実は「マインドマップ」が、イマイチ自分のものになっていませんでした。

普通サイズのノートに書きつづってみたものの、余白の余り方が気にいらず
(神経質なA型気質爆発)、次のページは普通にメモ書きとか予定表とか(笑)。
結局何のノートかわからなくなってしまいました。

そこでこの、A6ノートという提案。
見開きA5として、中心をまたいで書き始める使い方。

「A4白無地の紙」を前にすると、一瞬手がとまります。構えてしまうのです。
が、このA6ノートだと、そういう気負いを感じることなく、スッと入れます。
ちょっと書き間違えても、気にせずガンガン次のページに進めばよい、
そんな気楽さがいいのです。
ページをめくり時系列で、日記的に自分の思考の変化を確認することもできます。

私の場合、今は、ちょっと我流ですが、思いのままに書き出していくマインドマップのやりかたを、
A6ノートで始めている感じです。

もちろん、全体を意識して言葉(文字)を洗練させないと、当然このページサイズに収まりません。
ですが、それを気にしすぎると、また手が止まってしまうので、ガンガン書き進めて、
次ページ、次ページと、同じお題で洗練させていくやり方で、最初はいいと思うのです。
「書くことで脳が動き出す」という言葉通りです。

そうしていくうちに、自分だけのとても貴重な、「マインドノート」ができてきます。
何より、このサイズは、個人的にかなり「超ツボ」です。

まさに、いつでもどこでも、一番書きやすいんですよ
A6ノートだと、開いて机に置いて眺めていても、邪魔にならない。
閉じて携帯しやすい。ポケットにも入るジャストサイズ。

そして、最大のポイントだと思うのが、
「一瞬で画像として認識できる」面積だということです。
開いて、両眼に自然に画像情報が入ってくるのです。
これ以上のサイズになると、視線の移動が必要になってきます。

このシンピルマッピングは、入口はやさしいのに奥が深い技術だと思います。
強力なツールを手に入れた感じです。

埼玉県 T.Y様

半年後、1年後、5年後、果たしてどうなっているのか、実に楽しみです。


ノート、手帳といえば、数年前に、フランクリン式、クマガイ式、ワタミ社長式が
流行ったことがあります。
私は大体こういうグッズが好きなんですよね。すぐに飛びつき、この中の一つを使ってきました。
自分では、気に入ってましたが、完璧に使いこなしているかというと??でした。

ちなみにマインドマップも興味があり、本は読んでましたが、途中で挫折、実践するには至ってなかったのです。

今回、シンプルマッピングの説明を聞いて、「ああ、なるほど」
「そう、言われればたしかにそうだな」と。

持ち運びしやすいサイズ。
いつでもどこでも使えることのメリット。
「箇条書き」と「マップ」の違い。
その他にもたくさんある実行しやすさ。

おかげさまで、会社での業務など、日常的に使用するようになっています。
人に説明する前提で書くことにより、上司、部下への説明もしやすくなっていますしね。

また、朝、決めたとおりに、仕事が進行するとは限りません。
自分の意志には反して、途中で割り込んでくるケースにも、柔軟に対応しやすいところが良いです。

読書のやり方も変わりました。目的意識を持ち、知識を得るためではなく、行動を変えるために読む。

あれから1週間ですが、本を読む度に読書マップを作成しています。
アウトプットがしやすいのも特徴ですね。

このシンプルマッピング。
派手な方法ではなく、地味なノウハウですが、結構、奥深いです。
じわじわと効いてきてますね。

1週間でこれですから、半年後、1年後、5年後、はたしてどうなっているのか
実に楽しみです。

神奈川県 K.H様

アウトプットを意識して人生を変えようと思います。


自分の目的は3つありました。
1.考え過ぎの性格を変えて、もっと効率よく生きたい。
2.常に忙しいのに、なぜか物事が前に進んでいかないのを改善したい。
3.チョット精度が落ちかかっている脳を目覚めさせたい。
ネーミングプロデューサーなのに、最近、人の名前を覚えられない、
行った店の名前が出てこないなど、情けないことが続出中(?_?)

シンプルマッピングを体験してみたら、こんなことがわかりました。
【使うノートはチビだけど、効果は絶大!】

最初、「ハァ?こんな小さなノートでやっていくの?大丈夫なの?」と疑っていました。
マッピングを体験してみると、アララ不思議・・・
考えていることが視覚化されて、<脳内マップ>が描けているんです。

【自分の勘違いを発見(皆さんに最大伝えたいこと)】

これまで、いつも「自分には時間が足りない」と感じていました。
今一番欲しいものは何か、と問われたら、すかさず「時間」と答えていると思います。

でも、時間が足りないのではなく、考え方が根本的に違っていたことを発見しました。

ある著名な講師から
「あなたは考え過ぎています。とにかくやればいいのです。」
とアドバイスを受けてしまったくらい、慎重な自分の性格がホトホト嫌になっていました。

しかしです。
SMAP体験セミナーで、私は自分に欠けていたものを発見できました。
それは何かというと、アウトプット思考だったんです。
振り返ってみると、本を読んでも、セミナーを受けても、
いつもインプット重視だったということに気づきました。
知識を取り込むことに忙しかっただけなのです。

シンプルマッピングと出逢ったこれからは違います。
読書しているその時、セミナーを受けているその時、etc.

生きているその瞬間に、自分のものをアウトプットすることを意識して人生を変えようと思います。

シンプルマッピングありがとう!(*^^)v わが身をもっておススメします。

特に、内気で、心理的・性格的に自分を出せない人、
「やるぞ〜」という気持ちは強いのに、考えていることが実っていかない人、
私と同じように、時間が足りないと思っている人におススメです。

<自分>を素直に出していけるので、世界を変えることができますよ。
どれだけ変われるか、シンプルマッピングを一緒にやっていきませんか。

A様

今後もスマッパーとしてスキルアップしようと決意しました。


私が思うに、実はシンプルマッピングとは、まったくシンプルではありませんでした。
どちらかというと煩雑なイメージのマインドマップのほうが書き方としては簡単です。

マインドマップはできるだけ大きな紙面を用意して思いのままに書き出していく手法です。
かたや、このSMAP(シンプルマッピング)は、A6サイズの小さな手帳という制限つきで書くのです。

とても簡単ではなく、思考力をフルに活用しないとできません。

いうなればシンプルとは「簡単」ではなく「洗練」という表現が適しています。

セミナーではSMAP概要と目標設定SMAP「読書SMAP」を学びました。
セミナー後、さっそく新しく本を2冊購入し教材シートを模倣しながら「読書SMAP」してみました。

初回は、はみ出したり、書き損じたりと、あまり綺麗にまとめることができません。

そこで、教材シートをもう一度見返すと、ポイントを非常に良く押さえた書き方や、
要約の仕方の秘訣が隠されていました。

ここで私は
「SMAPとは頭の中で情報を、すっきり整理して、しっかり活用するノウハウなんだな〜」
実感することになりました。

それからのSMAPを活用した効果は圧倒的!
むずかしい内容の本だと思っていたのに内容をぎゅっと圧縮する事が出来ました。

試しに知人に本の内容を説明するとすらすらと本のポイントを伝えることが出来ました。

思考力や読解力が増し、自身のノウハウとして蓄積されるようです。

さらに読んだ新刊はすぐ転売できるので実益も兼ね備えています。
うれしいことに、デメリットは思い浮かびません。

東京都 T様

アマゾンで松宮義仁の本を買う

最後に

最後までお読みいただいて誠にありがとうございました!

この書籍があなたの人生をほんのちょっとでも変えるきっかけになれば、
これほどうれしいことはありません。

また、もしあなたがブログやメルマガなどの媒体をお持ちでしたら、
よろしければ、このページをご紹介ください



それでは、次は書籍の中でお会いしましょう!

ありがとうございました!


松宮義仁

発刊記念キャンペーンお申込み

Copyright(C) 2009 株式会社ア・ベロン. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー・お問い合わせ